友人からお金を借りる時のルール

月曜日 , 27, 3月 2017 友人からお金を借りる時のルール はコメントを受け付けていません。

どうしてもお金を借りなければならない事情があるときには、友人に頼んでお金を借りるのはどうすればいいのでしょうか。困った時には助けてあげると普段から言われていたとしても、やはりお金のことになれば、簡単には借りにくくなってしまいます。しかしそれでもどうしてもお金を借りなければならないのであれば、相談してみるといいでしょう。友人からお金を借りるのであれば、借りるルールを守っておかなくてはなりません。口では貸してあげると言ってくれたとしても心の中ではどう思われているかはわからないからです。もしかすると、本当な貸したくないと思われているかもしれませんし、貸しても返してくれるのだろうかと思われているはずです。ここで友人がどう思っているかを察することが出来なければ、今までの関係にひびが入ってしまうことになるでしょう。

友人からお金を借りるときに理解しておかなければならないことは、借りる方と貸すほうの温度差が激しいということです。借りる方としては、貸してくれるというのだから安心して貸してもらおうと思うかもしれませんが、貸すほうは不安な気持ちでいっぱいになっていることを察しましょう。本音と建前が友人同士の仲でもありますので、それは察しなければなりません。お金を借りるときに友人の不安を解消するためには、借用書をしっかりと書いておくことです。しっかりとした借用書があることによって、友人も安心してお金を貸しやすくなりますので、必ず書かなくてはならないでしょう。そして、期日は必ず守ることです。期日を一日でも過ぎてしまえば、そのたった一日で大きな信頼を失ってしまうことになります。たった一日なのだから大丈夫だろうという甘い考えではいけません。一日中不安な気持ちにさせることになるので、友人の気持ちを考えれば、絶対に期日を守ることです。関係を壊さないためには、お金を借りる時のルールを必ず守ってから借りるようにしましょう。